いわしらばーず

アクセスカウンタ

zoom RSS YOKO KANNO SEATBELTS「超時空七夕ソニック」〜次回公演は22世紀を予定しています〜

<<   作成日時 : 2009/07/07 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さいたまスーパーアリーナ 2009年7月7日(火)満月 19時開演
全席指定 7,777円 400LV下手側にて


 なんかもうたまたま? 久々? なんでだっけ? なんか見てた流れで久々に「菅野よう子……」と思ってググったらライブ情報を発見(って、もう一般発売日過ぎてから「発見」も何もないけれど)して、「別に『カウビ』しか見てないし……でもなんかすごそうだし……」と悶々とし、とりあえずぴあのモアチャンスに応募するも外れ、「まぁすんごいファンってわけでもないし……でも見逃せない感じだし……」と悶々とし、とりあえず「譲ります」情報はチェックしつつ、たまに挑みながらも倍率がすごすぎ&思い入れが薄すぎてか願いかなわず、「やっぱラブパワー放出できないし……でも見たい気はするし……」と悶々とし、結局「休みも取れるし、終電も間に合うし、行きたいのは確かだから、お金で解決できるなら解決してしまえ」と金券ショップでチケット購入……。当日手ぶらで突撃してもなんとかなりそうな気はしたけれど、なんとかならなかったときのリスクや、ヤフオクでヘンな人に当たったらどうしようとか、なんとかなるかなぁと不安に思い続けるストレスをお金で解決したのじゃ。しかし値段チェックして、他の店も見て、「やっぱあそこで買っちゃえ!」と思った二日の間に2,000円値上がりしてたのは何故! ちっ! 足元見やがって!

 当日券でもかなりいい席が出てたようですね。私は定価の○倍で、四階のやや後ろの方でした。しかも双眼鏡忘れて行きました。しょぼーん。でも行ってよかった! 7,777円以上の価値はあった(○倍の価値も……あったと思う……だが差額は主催者側には渡ってないわけだが!)。ヘタにアリーナだと立たないといけない雰囲気なので、こっそりまったり出来る席でそれはそれでよかったかと。ステージ全体も見渡せるので、立ってもスクリーンしか見えないよりはよかったかと。結局一度も立ち上がらず(すみませーん。でも4階席って角度もあるし、高いし、怖いよね?)、物販も挑まなかったので青い棒(グッズ購入者はもらえた)もなく拍手だけでちまちまと参加。「『BLUE』で振るんだよね?」と青いのくらいは振りたかったので、用意していこうかと思ったんだけど、どこで売ってんのかわからず……。

 で、ライブですが! 行ってよかったです!
 MC無し、3時間!
 正面(どっちが正面? 楕円の狭い方)にステージ(オケ用)があって、そこから通路が延びてアリーナ席に矢印型のステージ。スクリーンは大小5つくらいあったのかな? アニメの映像や、ライブ映像が流れた。私の席は下手の、かなりオケステージに近い場所だったので正面のスクリーンは角度が付きすぎてきれいに見えず。サイドについてるスクリーンは席の正面でよく見えたがやや小さいのと、映像が一種類しか写らないので「どっちも見たいー!」ってときも。
 最初にスクリーンに年代順に音楽を担当したアニメと出演者がメドレーっぽく流れた。いちいち客席が「わー!」ってなるけど、やっぱり『COWBOY BEBOP』と坂本真綾への歓声が一際大きい。

 総括するとなんでしょう? やっぱり「社長が一番働かないと!」でしょうか。すごいよ菅野よう子! ピアノ弾いて、笛吹いて、小芝居して、指揮して、ひよこになって、踊って、走って、アコーディオン弾いて、歌って。ひよこになって(着ぐるみではなく、ひよこっぽい衣装)踊る45歳って……! 天才で天然で戦略もあって、というかサービス精神旺盛で。最強だな!
 特集されてた雑誌記事にも書いてあったけど、「劇伴でありながら紛うことなき菅野ワールド」で、すごいなぁ。

 以下箇条書きで……。

・いきなり歌姫揃い踏みでびっくり! Origaうまい〜。真綾もうまい〜。普通ライブだともっと崩れそうなものだけど、全然乱れないOrigaと真綾とMay'n……。
・中島愛は時に不安定でした。予想よりうまかったけど。ランカより大人っぽい。てゆっかMay'nがわりと童顔。
・山根麻以は「Want it all back」の頭でとちって「ごめん!」て感じになってたけど、持ち直してからはさすがの迫力でした。
・ところどころ全身タイツ系ダンサーさんが(男1、女2?)。このダンスもけっこう見ごたえが。
・May'nもかなり踊っていた。
・付き合いが長いせいもあるのだろうが、真綾率が高いし、貫禄。童顔だけど(顔見えないけど)。途中極楽鳥みたいな衣装が……(見たことないけど)。
・最初っから客席中青くてちょっとびっくり。「BLUE」でつけるんかと思ったよ。
・『マクロスF』の歌になった途端にオレンジの光(ウルトラオレンジのサイリウム)が客席のそこここに現れてびっくり……うまいこと席もバラけてて、主催者側の仕込みなのかと思うほどだったのですが???
・そんなことも含めて、客席の空気読みっぷりもすごかった! 静かな曲の終わり際でのフライング拍手とか全然ないし。
・「娘々メドレー」やるかなぁ? と思ったら、メドレーっぽいところもあったけど、結構どの歌もフルっぽくやってくれた。それは嬉しいけど、生であの無茶振りっぽさを見てみたくもあった(でも他が十分無茶振りかも)。
・やっぱ「ダイアモンドクレバス」いいなぁ……しみじみ。
・すみません、Scottさんはよく知らないです……。
・Steveかっこいい〜。真綾とデュエット、ギター弾き語りで「おー!」となって、「CALL ME,CALL ME」……かっこええ〜。ノリノリでした。
・小芝居(猫との戦い……)はちょっと……よくわかんなかった……かも……(てゆっか長い……)。
・オケは途中で一曲やった後、なかなか登場しなかったので「まさか一曲じゃないよね?」とちょっと不安になりました。
・さすがにそれはなく、クライマックスで怒涛のメドレー。ま、知らない曲ばっかだったけど(交通費とか滞在費とかどのくらいかかってんだろ。と思ったらブーニンと来日公演してたのね。すご! 契約とかややこしそうだけど)。
・そんな、真面目にすごいっぽいワルシャワオケの皆さんも、あの会場を楽しんでいただけましたでしょうか……。
・コーラスの「エスカっ♪ フローネっ♪」てやつはちょっと『カルミナ・ブラーナ』風? しかしエスカフローネの絵、すごいね。特に鼻が。
・オケで聞いた『ウルフズレイン』の切ない感じの曲が素敵……。
・指揮姿もかわいかったです。遠目では裸足に見えたけど?
・「Tank!」はやっぱり盛り上がる! サックスかっこええ! どこまで行くんだ!
・オケメドレーでおお〜と盛り上がって終わった後、SMSの歌とは……。
・メンバー紹介したときSteveが菅野に「I love you.」って言ったらScottが「I love you, more.」って言った。
・「アヒルノオト〜♪」「ぷーぷーぷー♪」(限定グッズのアヒルを鳴かせる音)はかわいかった。ぷーぷー鳴かせてる人々が羨ましく思えなくもない。
・ラストナンバーはまさかのGabriela Robin降臨!(パンフで前振りしてたらしいね。ってもうwikiに書いてあってびっくり(笑)) 感極まって震えているのか、動き回った後で息が上がっているのか、歌いだしはやや不安定な雰囲気だったけど、徐々に力強く響く透明な歌声……。もうね、ここまでやるか! ってなもんですよ。すごい! ありがとう! としか言えない。
・終了後の場内アナウンスがかみまくり! でも微笑ましい気持ちで聞けたよ。
・京極夏彦が物販の行列に並んでいたらしい。見たかった……。長旅のお供は『陰摩羅鬼の瑕』だったので。
・帰りはまんまと人身事故騒ぎにぶつかりました……。車内中ライブ帰りの人々でちょっと笑えた。

 本当に、宇宙からきてくれてありがとう。って気分になったライブでした。
 駅前やらスーパーアリーナやらの雰囲気も近未来的だしね。
 MOVIXで映画見たけど、劇場版『マクロスF』の速報は見られず。残念。エヴァじゃないとダメだったのか?


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
YOKO KANNO SEATBELTS「超時空七夕ソニック」〜次回公演は22世紀を予定しています〜 いわしらばーず/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる